一年点検

すっかり遅くなりましたが、我が家の1年点検が終了しました。

というのも、本来の一年点検をしていただいたときは、玄関の階段のたわみ補修と子供部屋の吊り戸レールの補修だけだったんです。

で、点検修理も無事に終了してすぐにふと天井を見上げると、ストーブの上部天井にシミらしきものを発見。
煙突つなぎ部分からの雨漏り(?)的なものも発見したので再びBESSさんに来ていただくことになったのです。

すぐにチェックに来て下さり、屋根に上がって煙突部分を点検改良して、シミも抜いてくださいました。

ところが、数日後ストーブをつけてみると…突然のドラムロールが!!
びっくりして確認してみると、またもや煙突の2重部分から雨漏りが!(ドラムロールはちょうど下に置いていた鍋の蓋にあたって音が出てました)

もちろんすぐにBESSに電話しました。
チェック後、仕切り直しで職人さんの手配をして正月明けにもう一度修理に来てきださることになりました。


今度は、ハウスGメンの方と一緒に来られ、いざ屋根の上に!

今回は、私もお願いして一緒に屋根に上がらせていただきました。
やっぱり、自分の目で確認しないと不安なので…

検証の結果、思いのほか池側からの風の吹上が強かったらしく、瓦(?)の下から雨が這い上がっての隙間から侵入したのではないかということでした。
e0038665_10353917.jpg

で、煙突部分の水漏れは前回の補修で煙突の袴部分を密着させたために内部結露してしまい、ストーブをつけて内部空気があたたまり、膨張して下へ押し出した感じになった模様です。

そこで、袴の密着を解除し、煙突周辺の瓦を一旦はがし、水が侵入しないように返しをつけていただきました。

何はともあれ、素早い対応で修繕してくださったので、今は快適に過ごしております。

定期的に点検があるので、助かります。
[PR]

by kame-e-mon | 2013-02-08 10:47 | 程々の家を建てるまで