スイミング最終日

e0038665_09453206.jpg

小1の夏から習い始めたイトマンスイミング。
3歳の時に川崎病を患い、もし後遺症が残れば運動が出来なかったかもしれないひなごん。
病院の先生に、「スイミングをやろうと思う」と相談すると「どんどんやりなさい」って勧めていただき、恐る恐るのスタートでしたが、6年間よく頑張りました。

6年間、暑い日も寒い日も雨の日も風の日も毎週通い続けました。

なかなか思うように進級できなくて、腐る日もありましたが、1つ1つを丁寧に教えていただき、なんとか4泳法をマスターすることができました。
最後は特級の白キャップまで進めたので、本人も満足できたようです。(もっと続けると青キャップや黒キャップになるらしい)

そんな日々も中学で水泳部に入部したので、昨日で最後となりました。

ということで、付き添いで1時間プールサイドで読書する私のフリータイムも昨日で最後でした。


中学のプールは、屋外プール。
温水でもなんでもないので、今の水温は20度以下。
それでも、先週から仮入部で1時間くらい泳いで帰ってきてはります。
初日は、あまりに衝撃的だったのかすごく高いテンションでの帰宅。
ランニングや筋トレ…そういう体育会系のノリが今までなかったので楽しくて仕方ないらしい。


先日、家庭訪問で先生(たまたまクラス担任が顧問の先生なので)にもフォームが綺麗だと褒めていただきました。
スキルはもちろんですが、何よりスイミングが好きになるように指導してくださったコーチに感謝!


[PR]

by kame-e-mon | 2017-04-27 09:06