29日 北海道最終日

1週間の楽しい北海道旅行の最終観光地に我らが選んだのは苔の洞門
e0038665_9464156.jpg

もともと川底だったらしい砂地の緩やかな上り坂を森林浴もかねて登っていきます。
完全に熊出没注意区域内なのでひなごんの好きな歌♪森の熊さん♪なんかを皆で歌いながらの行進です。
e0038665_9465213.jpg

残念ながら陥落の恐れがあると言う事で洞門内は立ち入り禁止になっており、階段を登った所にある展望台からの見学になりましたがそれはそれは神秘的な苔の道でした。
途中、バッタがお出迎えしてくれたり、ひなごんにとっては車の心配もなく好きに走り回れる楽しい場所となったようです。
天気もよく、管理のおじさんに近くの滝を勧めていただきましたが、飛行機の時間もあるので観光はこれまで。

さて、これまでいろんなものを食べてまいりましたが、北海道といえばというものを食べてませんでした。
そこで、最後の食事(昼食)に選んだのは
e0038665_947895.jpg

やっぱりジンギスカンでした。
運転が残ってるおじゃるにお許しを頂いて私は生ビール(ハーフ&ハーフ)を飲みながらの極楽ジンギスカンでした。
千歳空港に早めに着いたのでお土産物やさんを冷やかしてましたら最後の最後に〆の覗き看板に出会いました。
e0038665_9471875.jpg

1300kmという長距離移動の旅でしたが、あっちフラフラこっちフラフラと欲張りな旅が出来たと思ってます。
今度、北海道に来る事があるならばじっくりファームステイを楽しむのもいいなぁと思いました。
あとまだ行ってない場所も沢山あるし、夢は尽きませんね。

永らく北海道旅日記にお付き合いくださいまして有り難うございました。
また日常の小話ブログに戻りたいと思います。
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-17 10:02 | 北海道旅行記

28日 小樽~札幌~登別

小樽でちょっと早起きして朝市に出かけました。
e0038665_2395348.jpg

ここで美味しい朝食をいただきました。
ひなごんにはサービスでいくら丼を出してくださいました。
e0038665_2310332.jpg

なのに市場のおばちゃんの「うちのいくらはよそのと違うでぇ」にドン引きしてしまいいくらは綺麗におじゃるのご飯に移動しちゃいました。
e0038665_23101448.jpg

おじゃるの贅沢ホッケ定食
e0038665_23102564.jpg

私とひなごんはお腹つきの秋刀魚定食です。
新鮮な秋刀魚はお腹も苦味が美味しくて綺麗に食べられました。
食後、ちょっと見てみたかったにしん御殿までドライブしてみました。
その後、トイレ休憩でコンビ二に寄ったんですが、先にトイレを済ませておじゃるの待つ店内に一人で戻ったひなごんが大泣きする声がトイレまで聞こえてきました。
おじゃるが見つからなかったのかと慌てて用を足し店内に戻ると2人の姿がなく、外を見るとおじゃるに抱かれてひなごんが泣いてる。
よくよく話を聞いてみるとコンビニに塗り絵があったらしく、ひなごんはそこにはないアンパンマンの塗り絵が欲しい!!!ってごねたらしい。
しかし、ないもんは買えないのでおじゃるは店の外に退避したんだそうな。
前日のアンパンマンショップに戻ると言ってきかないひなごんを本屋さんを探すと説得し、小樽運河工芸館に行きました。
e0038665_23103852.jpg

ここで、おじゃるはガラス吹きに挑戦しました。

よくばり観光なんで登別に行く前に大きく札幌に寄り道です。
まずは有名どころをドライブスルー観光です。
e0038665_23104780.jpg

さっぽろテレビ塔
e0038665_23105740.jpg

時計台

そしてひなごんとの約束なんで駅前の本屋さんへ
あんなに「アンパンマンじゃなきゃ!!!」とごねてたのに買った塗り絵はトイストーリー2
やっぱり好きなモンはそうそうかわらんみたいですね。
さて、ひなごんとの約束も無事完了なんでお昼はラーメン♪です。
e0038665_231183.jpg

おじゃるがチョイスしたのは味噌ラーメン発祥の店と言われてる味の三平
デパート4階の文具売り場の一角にあるちょっと不思議なお店ですが次から次へと入ってくお客さんが美味しさを物語ってました。
e0038665_23111761.jpg

普段食べてる味噌ラーメンとは一味違う味噌味(信州の白味噌仕立てなんだそうです)

お腹も満たされ、登別に出発です。
e0038665_23521489.jpg

土砂降りの中、高速の出口で赤鬼がお出迎えです。
ひなごんはもちろんお昼寝中
ホテルゆもと登別にチェックイン後、大湯沼と地獄谷観光にでかけました。
沼全体から湯気が上がる姿は神秘的
e0038665_23113676.jpg

ひと頑張りして山の上の展望台まで山登り
上からの姿もまたいいもんです。
e0038665_23114792.jpg

こちらは地獄谷
e0038665_23115773.jpg

大湯沼で頑張って山登ったのでひなごんはおんぶで観光
お陰で足パンパンになりました。
e0038665_23121092.jpg

宿に戻って待望の温泉です。
e0038665_23122149.jpg

浴衣姿が決まってたのも食事まで
e0038665_23123192.jpg

なんてったってこれまでで一番すごいお子様ランチですものひなごんもがっつくはずです。(笑)
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-16 23:45 | 北海道旅行記

27日 北の国から観光~小樽へ

自然舎さんで旬の野菜満載の朝食を頂いた後、おじゃる希望のジェットコースターの道を通ってからいざ麓郷
草太のフェニックス牧場を通過し、最初に向かったのは五郎の拾って来た家
廃品でこんな家が建つんだと感心しきり。
次に五郎の石の家を見学。
どちらの家も入場(展望台までは無料)するのに200円必要なんだけど見るだけなんで100円でもいいんじゃないの!?と思ってしまった。(ケチかな?)
e0038665_22145010.jpg

写真はちょっと遠めかな。こういうのって実際自分の目で見ないと響かないでしょ!?
e0038665_22152137.jpg

次に向かったのは石の家からすぐの富良野ジャム園内にあるアンパンマンショップ
ひなごんはアンパンマンをちゃんと見たことないし、おもちゃも一つも持ってないのだけどやっぱりこういうとこは嬉しいらしく興奮しながらあっちこち見て回ってました。
帰りようにとアンパンマンの塗り絵を薦めたんだけどチョコレートに負けちゃいました。
実はこのことが翌日、ひなごん大泣きの巻きに繋がる事になるんだけどそんなこと知る由もない家族でした。

さて、お昼になりお腹も空いたので富良野チーズ工房に行きました。
見学もソコソコに早速ピザをほお張りました。
e0038665_22154438.jpg

マルゲリータとオニオンの2種類だけだったので満腹になるまで食べるわけにもいかず、チーズの試食をしてひとまず落ち着いたところでひなごんが牛の乳搾り体験をしたいと言い出し、ちょっと面白そうなんで挑戦してみました。
e0038665_2216019.jpg

ちなみに1分100円で水が出てきます。
その後、ニングルテラスに行きました。
ここでも、ミーハー根性出してドラマ「優しい時間」の舞台だった森の時計でコーヒータイム♪
e0038665_22161244.jpg

私とひなごんはチョコレートケーキで、おじゃるはシチューをいただきました。
このシチューけっこう濃厚で美味しかったです。
ひなごんもお裾分けをもらってガツガツ食べてました。
e0038665_22162567.jpg

ニングルテラスのショップめぐりはどれも手作りの温かみのあるものばかりでした。
笛やさんではいろんな種類の笛を吹かせてもらい楽しい時間でした。
実はずっと風鈴を探してたんだけどここでめっちゃいい音の鉄製の風鈴をゲットしちゃいました。

ミーハー倉本聡ツアーの後は高速を一路 小樽に
今回の旅行唯一のシティホテルホテル ヴィブラントオタル
e0038665_22164352.jpg

そしてお待ち兼ねのお寿司
e0038665_22165591.jpg

しかま総本店さんで奮発していただきました。
これが美味しいのなんのって♪
秋刀魚の握りも追加しちゃいました。
ひなごんは暇なので私の腕を食べてます。(笑)
e0038665_2217383.jpg

[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-16 23:00 | 北海道旅行記

26日 旭川~富良野

4日目はひなごんお待ちかねの旭山動物園です。
この日の宿泊地でもある富良野をいったん通り過ぎて旭川へ。

動物園には昼から行く予定だったのでその前に腹ごしらえ。
北海道にスープカレーが登場するより前から有名だったインドカレーのお店に行きました。
e0038665_22321841.jpg

これがまた美味しくってひなごんなんか子供用カレーを完食した上に私のナンまで横取りしてました。

お腹も満たされ、いざ旭山動物園へ!!
e0038665_22342169.jpg

アザラシ館に始まり、ホッキョクグマのお食事タイム、水中を飛ぶペンギン、空を歩くオランウータン…テレビで何度も見たものを実際に目にしてひなごんも大興奮!
e0038665_22343386.jpg

坂ばかりの園内をひなごんは最後まで歩いて回りました。
ビデオで何度も見てるのでどの場所が一番いいポジションなのかわかってたので動きやすかったです。
それにしてもなにがびっくりかというと年配のツアーさんが多いこと!
動物園と言えば子供メインなのにええ年の大人が子供そっちのけでへばりついてるのは興ざめでした。
e0038665_2243118.jpg


この日のお宿は富良野の自然舎
e0038665_22433792.jpg

ひなごんより少し大きいお兄ちゃんとお姉ちゃんのお子様がいらっしゃる農家さんです。
きちんとお話できませんでしたが、ご主人は元コックさんだったようです。
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-15 22:47 | 北海道旅行記

25日 阿寒湖から狩勝峠へ

3日目は朝から阿寒湖観光。
遊覧船に乗ってチュウルイ島にマリモ見学に行きました。
天気予報では雨マークがついてたんですが、出かけると晴れ家族の本領発揮!
本物のマリモを見るのは初めての私。
ちょっと面白かったです。
e0038665_2202542.jpg

波の揺れでこんなにまぁるくなるんですね~
e0038665_2204221.jpg

ひなごんはマリモッコリがすっかり気に入ったようでこの後もいろんなお店を回ってはマリモッコリグッズに釘付けになってました。
途中で雨が降ると困るのでホテルに車を取りに戻り、アイヌコタンでお店めぐり。
買い物も終わる頃、ものすごい雷と雨が降り始めたので雨宿りも兼ねて昼食におじゃるは<豚肉と行者にんにくの丼>、私とひなごんは<ホワイトラーメン>をいただきました。
e0038665_2205673.jpg

腹ごしらえもすんでいざ次の目的地に出発!!
と思ったら、バケツをひっくり返したような雨…今回の旅ではこのパターンが多かったなぁ
と言うのも、車で移動中にどっさり雨が降って、降りて観光する頃にはからっと雨は上がってくれたので傘をさす必要なしのお天気でした。
e0038665_221889.jpg

さて、おじゃるが行きたかったオンネトーには時間の関係でいけませんでしたが、懐かしの幸福駅に立ち寄りました。
おじゃるは20年ぶり(?)に来たらしいです。
売店のおじちゃんは「その頃ならわしもいたはずやから絶対しゃべってるはずや!!」と力説してはりました。
私たちが行った時に丁度、結婚の記念撮影に来ているカップルがおられました。
ちゃんとおばちゃんが人前式形式にだんどってくれて誓約書にサインしたりしておられました。
e0038665_2211974.jpg

ここでも、やっぱり覗いてます。
e0038665_2213495.jpg


今夜のお宿は私がもっとも楽しみにしていた羊料理をいただける牧場ヨークシャーファームです。
e0038665_22202599.jpg

昼間の景色はこんな感じ。
e0038665_22205637.jpg

e0038665_22522957.jpg

牧場を抜けるとこんな素敵な川が流れてます。
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-15 22:24 | 北海道旅行記

24日 屈斜路湖~摩周湖~阿寒湖

2日目は網走監獄の入り口&お土産物やさんをさらっと観光してから本日の目的である3大秘湖観光に出発です。

とその前に予想以上に寒かったのでしまむらにロンTなんかを買出しにいきました。
旅行直前の真夏日に惑わされてしまいました。

さて、話は戻ります。
まず向かったのは屈斜路湖
上からの眺めからはじまり、屈斜路湖周辺にある温泉。
昼食はクッシーラーメン
e0038665_1392386.jpg

クッシーの右上の四角い白いものは(食べた感じですが)モッツァレラチーズのようなものでした。
その後、砂湯の足湯でほっこり
ソフトクリームもいただきました。
こっからひなごん覗き看板の旅が始まりです。
e0038665_1393246.jpg

摩周湖に行く前に硫黄山にちょっと立ち寄りました。
あたり一面に硫黄の匂いが充満し、真っ白に広がる山肌の所々で黄色や緑に変色した部分から白い煙が上がってました。
e0038665_1394126.jpg

摩周湖に向かう道でキタキツネがお迎えしてくれました。
e0038665_1310572.jpg

写真は撮れませんでしたが、エゾリスとエゾシカも道端で出会いました。
これぞ北海道に来た!!と実感した瞬間でした。
なんとなく摩周湖は霧に包まれていて欲しかったんですが、3時ごろにに到着した摩周湖は遠くまで見渡せるくらい晴れ渡っておりました。(ちょっと残念…)
e0038665_13264510.jpg

裏摩周には時間の関係で行けませんでした。
そして、本日のお宿もある阿寒湖へ向かいました。
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-15 13:28 | 北海道旅行記

北海道 旅日記

おじゃるがまとまった休みが出来たので今までずっと行きたかった北海道に家族旅行することにしました。
おじゃるは独身時代にバイクで北海道を旅したそうなんですが、私とひなごんは初めての北海道でした。
そこで、広い北海道をどう満喫するか!?
悩んだ挙句、決めたのが
1週間レンタカーで旅する
網走→阿寒湖→狩勝→富良野(旭川含む)→小樽(札幌含む)→登別(千歳含む)、
1300kmの旅

参考にしたのが、去年のカナダの旅。
なんせ移動距離が長いので宿をどこにするか悩みました。

宿と言えば、今回6泊中3泊はファームステイすることにしました。
せっかくの北海道を満喫するんなら綺麗なホテルよりも動物と触れ合えるファームステイの方がひなごんも喜ぶだろうと考えたからです。
残り2泊は私の希望もあり、温泉宿をチョイス。
小樽だけは運河に近いシティホテルに素泊まりしました。

去年で飛行機経験済みのひなごんは慣れたもので、今回はお気に入りの塗り絵をずーっとしてはりました。
行き帰り分と考えてたのに行きだけで全部塗っちゃいました。

さて、女満別空港に着いてレンタカーを借りるとひなごんの特等席のキッズシートに得意満面に納まるひなごんと共に出発!!

9月23日 女満別空港~網走
[PR]

by kame-e-mon | 2007-10-15 12:55 | 北海道旅行記